時代屋プロフィール

今は失われつつある日本の心、
日本の文化を今日の日本に目に見える形として提供する事が時代屋の使命です。
その為、時代屋は人力車のみならず日本の伝統文化や各種演芸も提供しています。

浅草人力車の老舗
時代屋ロゴ
専科
下町の絆
浪漫

人力車が走る。 坂道を喘ぎ、路地を抜け、家並みを縫って。
雪を蹴散らし、花を潜り、陽射しに汗し、落ち葉を踏み分け、木枯らしに逆らって。
人力車は遅い。 自転車よりも、自動車よりも、飛行機よりも。
北海道から沖縄まで一日で往復できる時代に、隣り町まで一時間かかる事もある。
一回で数千人もの人を運べる時代に、人力車はせいぜい一人か二人だ。
しかし、私たちは、人間の足の速度でしか走れない、
人間の力の限界しか持っていないこの乗り物が好きだ。
旅は、時間を縮めることで、ただの移動に近くなり、
宿は、手間を省くことで単なる宿泊所にかわりつつある。
町は街に変わり、道から土が消え、路地がなくなり、
草原も空き地も雑木林も何処かへ行ってしまった。
豊かさと世間がいうものを手に、私たちは首を傾げる。
何かが足りない、と思う。
時代屋が人力車を引く。
俥夫は、道端の小石を避け、坂道の平衡を取り、車の揺れを和らげる。
客は、俥夫の心配りと背中の汗に、無言で感謝する。
乗り手と引き手がひとつになってゆく。
人力車が走る。 人間を乗せて。 人間が走る。 時代の中を。 時代屋が走る。
一期一会の気持ちを込めて。

■ 沿革 ■

1987
時代屋創業(於 横浜)
1989
横浜博覧会「開港記念村」にて期間中常設の人力車屋を運営
1995
浅草において人力車による婚礼送迎開始
1996
浅草に移転、提携先との観光人力車営業開始
1997
浅草雷門前にて観光人力車営業を本格的に開始
1999
浅草観音裏に店舗開設、有限会社時代屋設立、店舗にて「変身遊び」開始
2000
株式会社時代屋に改組、浅草総合情報サイト「浅草い~とこ」開設
2001
「浅草い~とこ」がインターネット博覧会の公式サイトに認定され、編集長賞受賞
2003
「街頭紙芝居」の出張営業開始
2006
浅草雷門前に店舗移転
2007
「駄菓子屋」の出張営業開始
2012
すみだ総合情報サイト「すみだい~とこ」開設
電子ペンによる浅草・すみだ「ワンコインガイド」開始
車いすから楽に人力車に乗れる「バリアフリーリキシャステーション」開発・運用開始
2014
店舗を移転し明治館と江戸蔵を開設、江戸蔵にて茶道他、「日本文化体験プラン」開始

■ 企業概要 ■

株式会社 時代屋
 
創業
1987年
会社設立
1999年
代表者
藤原英則
資本金
1000万円
事業内容
浅草観光人力車、婚礼人力車、イベント人力車、和風ブライダルプロデュース、
日本伝統芸能・演芸、紙芝居、変身スタジオ(変身遊び)、和風レトロイベントプロデュース、日本文化体験プラン、
浅草・すみだ総合情報サイト運営
加入団体
東京商工会議所、浅草商店連合会、浅草観光人力車組合
住所
111-0034 東京都台東区雷門2-3-5
電話
03-3843-0890
FAX
03-3843-8490
e-mail
info@jidaiya.biz
URL
http://www.jidaiya.biz 「時代屋」
http://www.asakusa-e.com 「浅草い~とこ」
http://www.asakusa-e.com/sumida/ 「すみだい~とこ」

ご予約承ります。お問い合せ・お申込みは時代屋へ。メール
電話 03-3843-0890

無断転載をお断りします。

人力車出発場所 時代屋明治館でのサービス 人力車コース 観光コース内容 ステキなプレゼントさしあげます 「体験もの」と組み合せると「お得な観光プラン」が楽しめます!